アースデイいのちの森

先週末23日、24日に代々木明治神宮で行われたアースデイいのちの森の運営スタッフとしてガイアユースも参加してきました!

 

いのちの森は代々木公園で行われる最大級の環境イベント「アースデイ東京」に併せて、お隣の明治神宮で行われるイベントです。

 

「いのちの森」は宣伝・販売・アピー ル活動などは極力行なわず、森の美しい自然を感じながら様々な表現を通して、母なる地球とつながるいのちへ感謝の気持ちを捧げ、美しい自然と共に生きる喜びを分かち合う“祭り”として行なわれ、今年が第3回目の開会でした。

今年は明治神宮で植樹や稲作事業を行うNPO響が事務局となって開催されました。

 

初日の23日は大雨の中、次の日に備えてテントの設営などを行い、昼前から明治神宮参集殿内にて開催されました。

規模を縮小しての開会でしたが、開会のホラ貝・古典フラなどからいい雰囲気でスタートし、参加者も段々と増えてきて、盛り上がることができました。

すべての日程を終えて参集殿で片づけを始めるときには雨はやんでおり、空に虹がかかっていました!いのちの森はすごいパワーを持ってますww

 

二日目は一転して朝から快晴で芝地も乾いて、予定通り屋外での開催になりました!

この日はかなりたくさんの方が来場してくださり、明治神宮に参拝に来たけど立ち寄って行かれる方もいました。

普段は入れない芝地での開会でしたが、その中で子どもたちがどろ遊びをしていたり、野点や音楽演奏などが行われている光景はのんびりとしたいい雰囲気でした。

森に囲まれて、どんぐりの植樹をしたり、田んぼの畔づくりをしたり、都会にいることを忘れて自然を感じることができました。

 

明治神宮はもうすぐ鎮座100年を迎え、森も100歳を迎えます。そのため、これからこの森と次の100年をどう過ごしていくのか、という問題に私たちは向き合っていかなければなりません。

このことは明治神宮の森だけでなく、日本の、地球の森との付き合い方を探ることにもつながると思います。

 

今回は運営のボランティアとして参加しましたが、他の一般ボランティアの方とも仲良くなれて、本当に良いお祭りだったので、これからも関わっていきたいと思っています。

 

 

 

ボランティア総出で準備です!
ボランティア総出で準備です!
開会式の風景です
開会式の風景です
都会とは思えないのんびりした光景です
都会とは思えないのんびりした光景です
どろんこになって遊んでますww
どろんこになって遊んでますww
非常に貴重な野外での神職によ雅楽の演奏です
非常に貴重な野外での神職によ雅楽の演奏です
最後は出演者もボランティアも参加者も一緒になって一つの輪になり、森に感謝を捧げました
最後は出演者もボランティアも参加者も一緒になって一つの輪になり、森に感謝を捧げました
GAIA_youthをフォローしましょう