ガイア・ユース村ソーラーランタンプロジェクト

◆ソーラーランタンプロジェクト 

 

世界には、電気のない生活を送っている人が約16億人います。学校や家に電気が届かないと、子どもたちは夜勉強することができません。暗くなってから安心して出かけることもできません。

 

NPOガイア・イニシアティブでは、ソーラーエネルギーを利用して、多くの人の生活に"あかり"を灯す「ソーラーランタンプロジェクト」に取り組んでいます。まずはインドの農村部からスタートし、全世界へ拡大していきます。 最初の5年間で1,000の村に5万個のソーラーランタンを届けるのが目標です。詳しくはコチラ

 

初めてのインド、初めての無電化村 

 

2009年夏、日本人で初めてガイアがインド無電化村上陸!ユースメンバーは電気のない暮らしを目の当たりにしました。支給されたソーラーランタンを使用して生活する人々は、勉強時間が増えた!夜になっても家事ができる!などと大好評。

しかし一方で、設備やランタンの貸し出しシステムは十分とは言えませんでした。まだまだプロジェクトの改善の余地があり、ランタンの寄付だけではなく、その後のサポートの必要性を痛感しました。

 また、村の子供たちとはカバディを楽しんだり、お礼に折り紙を教えてあげたり…言葉が通じなくても気持ちは通じ合いました。自分の目で見て調査しなければわからないこともあり、実りの多い訪問になりました。

 

新たな思い、新たなプロジェクト 

 

ガイアユース村プロジェクト2011始動。

 

ランタンの寄付だけではなく、村全体のサポートをしたいという気持ちから、ユースとインドの一つの村と提携してサポートを行います。

インドの古き良き伝統、日本の高度な技術、この二つを交差させたい

インドの農村の暮らしに灯りをともしたい

伝統を守りながら、暮らしの改善をしたい

日本の技術をインドの農村へ

インドの伝統を日本へ

 

・・・大きな夢をかなえるにはまず、スモールステップから。

 

まずは、ユースの力でランタンプロジェクト指定の無電化村にソーラーランタンを30個追加します。

 

ランタン1個につき1万円。

1年間で30万円集めます。

 

201112月を目標に寄付金を集め、20123月、再びユースがインドの無電化村へ赴き、ソーラーランタンを寄付する予定です。

また、ユース村プロジェクトでは寄付にとどまらず、寄付をおこなった村を中心にしてランタンを通してよりよい暮らしができるようにサポートし、村人が自立し持続可能な生活を行うことができるような体制を整えることを最終的な目標です。

 

20111月ついに始動!

キックオフイベントとして、今年1月末にチャリティーイベントを開催しました。

 

まずは、日本の学生にインドを、無電化村を知ってもらうこと。私たちが、インドの村で、子供たちと一緒に遊んだ【インドの国技 カバディ】を日本でも。参加者は小学生から大学生、大人まで。カバディは老若男女問わず楽しめるスポーツなんです。活動の様子はコチラ

 今後もカバディ大会を定期的に開催していきます。


 

GAIA_youthをフォローしましょう